幹細胞コスメの種類とその違い | 幹細胞美容液比較ランキング

幹細胞コスメの種類とその違い

幹細胞コスメの違いを知ることがエイジングケアの近道!
何が違い効果は変わるのかと疑問の方は
このページをチェック

幹細胞幹細胞美容液比較ランキング

幹細胞コスメの種類とその違い

女性イメージ1

幹細胞コスメと呼ばれているものには大きく3つ種類があります。

1.ヒト由来幹細胞コスメ
2.植物由来幹細胞コスメ
3.その他の成分で幹細胞を活性化するコスメ

どうちがうのか?どれがいいのかなどのご質問が多いので、このページでは比較してみたいと思います。

ヒト由来幹細胞コスメの特徴

エキスイメージ

ヒト由来幹細胞の特徴は、人間の幹細胞を培養した「幹細胞培養液」配合していることです。
「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」は安定して作れる化粧品原料としてよく使われている成分です。
このヒト脂肪細胞順化培養液エキスは人間由来ですからお肌との相性は抜群に良いです。

細胞のスイッチを入れる生理活性物質、成長因子、ペプチドなどが豊富に含まれていて、効率よく細胞にマッチして情報を伝達する役割をこなします。

美容液ランキング:ワビオ ステムアクティブエッセンスたかの友梨 エステファクト オールインワンジェル20EX

植物由来幹細胞コスメの特徴

りんご

植物幹細胞は文字通り色々な植物の幹細胞を利用しています。

主に「リンゴ幹細胞エキス」や「アルガン幹細胞エキス」などが有名だと思います。
植物幹細胞が注目されたのはスイスにある「キセキのリンゴ」と言われているリンゴからです。このリンゴは収穫してから4カ月経っても腐らないそうです。

このリンゴの幹細胞だけを取り出して培養をし大量に得る技術が開発されてから植物幹細胞が注目をされるようになりました。

美容液ランキング:たかの友梨エステファクトオールインワンジェル20EXリッツ リバイバルリフトエッセンスライフライン ベーシック モイスチャーセラム

その他の成分で幹細胞を活性化するコスメ

成分イメージ

幹細胞を活性化する成分を独自に開発する化粧品メーカーもあります。
開発した成分を動物や人の皮膚に塗り、皮膚の幹細胞が活性化してコラーゲンやヒアルロン酸などのハリ組織の生成が加速するか、膨大な実験データを集め検証します。

どの幹細胞コスメがいいのか?

女性イメージ2

ここまで読んでいただいて幹細胞コスメについてはご理解いただけたかと思います。
結局、どの幹細胞コスメがエイジングケア効果が高いかを皆さま気になされているのではないでしょうか。
色々な研究がされていますがヒト由来幹細胞コスメの方が効果としては良いのではないかというのが通説になりつつあります。

理由はレセプターという物が関係してきます。
専門用語を使うと中々難しいので簡単にご説明します。

ヒトの細胞と細胞の間で情報を伝達する方法として、レセプターとリガンドという仕組みがあります。鍵と鍵穴を想像してみてください。レセプターが細胞の表面にある鍵穴、リガンドが情報伝達物質で鍵です。

この鍵と鍵穴は形がざまざまで、合致するものと合致しないものがあり、合致すると細胞にスイッチが入り、細胞を作る、コラーゲンを生成するなどの生産活動が始まることがわかっています。
この鍵がヒトの幹細胞培養液には豊富に含まれていて、この生産活動のスイッチを化粧品で入れようとするのがヒト由来幹細胞コスメなのです。

Pagetop