幹細胞コスメの種類とその違い | 幹細胞美容液比較ランキング

コラーゲン

幹細胞幹細胞美容液比較ランキング

コラーゲン

しなやかさ、弾力を作るコラーゲン

コラーゲンは、身体の弾力やしなやかさを生み出すタンパク質のひとつです。肌だけでなく骨や血管、関節などにも含まれています。体内にあるコラーゲンのうち約40%が皮膚、約20%は骨や軟骨、残りは内臓や血管など全身に存在しています。

美肌を支えるコラーゲンの働き

コラーゲンは肌内では真皮の中に網目状のネットワークを作って肌の弾力を保っています。また、真皮と表皮の間にある基底膜にもコラーゲンは存在し、真皮からの栄養を表皮に補給しています。しかし、そんな重要な働きをもつコラーゲンも加齢とともに減少していきます。コラーゲンが減少すると弾力は失われ、肌を支えきれずたるみに繋がっていきます。また、真皮から表皮への栄養補給が滞り肌のターンオーバーが乱れ、シミやくすみができやすくなってしまいます。

コラーゲン化粧品の効果

コラーゲンは動物の皮や魚の骨、皮、うろこを原料として作られますが、通常のコラーゲンでは角質層までの浸透力がなく、肌表面の保湿効果しか期待ができませんでした。そこでこれを低分子化して角質層まで浸透するコラーゲンが作られました。コラーゲンには、肌に高分子の膜を張って水分を保ちながら保湿する効果があるので、肌表面のうるおいを保つ効果があります。また、低分子コラーゲンは角質層まで浸透して肌内部での保湿効果も期待できます。

コラーゲンを食品やサプリメントで補う

不足するコラーゲンを補うには以下の方法が有効であると言われています。 フカヒレ、手羽先、牛すじなどがコラーゲンを多く含む食品として知られています。また、ドリンクやサプリメントでコラーゲンを摂る場合もあります。しかし、コラーゲンは体内でアミノ酸に分解された後、体内でタンパク質に生成されるので、経口摂取しても直接コラーゲンが増えるわけではありません。コラーゲンはアミノ酸まで分解され、コラーゲン合成に必要なプロリンを生成します。これによって、コラーゲン生成が促されると考えられています。

Pagetop