幹細胞コスメの種類とその違い | 幹細胞美容液比較ランキング

ビタミンC

幹細胞幹細胞美容液比較ランキング

ビタミンC

美肌成分の代表格ビタミンCの効果

美と健康に欠かせないビタミンCの美肌効果をまとめてみました。

・紫外線から守る
紫外線ダメージによる炎症と活性酸素を抑え、肌ダメージの蓄積を最低限にとどめます。

・シミの予防
還元効果と酵素阻害効果により、紫外線ダメージを受けた後のメラニン色素の生成を抑え炎症やシミを抑えます。

・弾力の維持
肌の弾力を維持するコラーゲン生成を促します。

・ニキビ抑制
ニキビの炎症を抑え、過剰な皮脂の分泌を抑えます。

・キメを整える
肌のターンオーバーを整えコラーゲンの生成を促します。また、毛穴を引き締める効果もあります。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは空気に触れると破壊されやすい性質を持っていますので直接肌に塗っても効果がきたいできません。安定したビタミンC誘導体の形で化粧品に配合し、肌の中に入ってからビタミンCに変換されて効果を発揮できるようにしています。化粧品に配合される主なビタミンC誘導体を紹介します。一般的に水溶性より油溶性のほうが安定性が高いと言われています。

・リン酸アスコルビルMgマグネシウム(水溶性)
クリームや化粧水、パウダーなどに配合されていますが、沈殿しやすく高濃度に配合することが難しい性質があります。

・リン酸アスコルビン酸ナトリウム(水溶性)
安価で高濃度に配合できますが、濃度が高いとベタつきや刺激を伴うことがあります。

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性)
クリームなどの油分を含む化粧品に配合され、安定性や浸透性が高いと言われています。

Pagetop