幹細胞コスメの種類とその違い | 幹細胞美容液比較ランキング

ヒト幹細胞培養液

幹細胞幹細胞美容液比較ランキング

ヒト幹細胞培養液

再生医療の飛躍的な進歩

バイオテクノロジーの進歩は再生医療の分野を飛躍的に進歩させました。幹細胞は、発生における幹 (stem) になることから名付けられました。つまり、幹細胞が成長や修復の信号を発し、伝達することによって新しい細胞が生まれます。この信号伝達に働いている物質を人工的に培養して原料化したのがヒト幹細胞培養液で、成長因子やサイトカインなどの優れた生理的活性効果を持つさまざまな成分が含まれています。幹細胞は体内のいたるところに存在するため、基本的には採取した組織の名前がついた化粧品成分名で表記されていています。主なものをいくつか紹介します。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキス

脂肪吸引などと同じくお腹から脂肪を採り、脂肪幹細胞を分離して培養します。比較的に幹細胞採取が簡単なため、多くの厳しい検査を重ねても品質の高い原料を安定的に市場に供給することが可能で、日本国内のエイジングケアで最もポピュラーなヒト幹細胞由来成分です。皮膚組織のヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン再生促進機能も報告されています。

ヒト線維芽細胞順化培養液

主に米国やヨーロッパの美容クリニックなどで販売するドクターコスメで使われている成分です。皮膚の繊維芽細胞を採取、培養しています。

ヒト卵母細胞溶解質

受精前のヒトの卵子の卵母細胞を培養し、溶解した成分。米国のスキンケアメーカーで使われています。

ヒト由来神経幹細胞培養液(規定化細胞培地)

歯茎の神経細胞から幹細胞を採取、培養して原料化。日本のエイジングケアでも使われており、チロシナーゼの分泌を抑えメラニンを抑える働きがあると言われています。

Pagetop