幹細胞コスメの種類とその違い | 幹細胞美容液比較ランキング

リンゴ幹細胞エキス

 

幹細胞幹細胞美容液比較ランキング

リンゴ幹細胞エキス

腐らないリンゴから抗酸化成分

スイス産のリンゴの一種「ウトビラー・スパトラウバー」の幹細胞を人工的に培養、エキスを抽出した原料です。

ウトビラー・スパトラウバーは、18世紀頃にはしなびにくく、長期保存しても味が落ちにくいことで知られる品種として流通していましたが、酸味が強く、農業技術の発展と共に甘味の強い品種に押され、近年は食用ではほとんど入手困難な希少品種となっています。

リンゴは置いておくと茶色くなり味と食感がわるくなり、やがて腐敗しますが、このウトビラー・スパトラウバーは、4ヶ月間常温保存してもみずみずしく味も変化しないのです。これが「奇跡のリンゴ」と言われる所以です。調べたところ、この品種には抗酸化成分が多く含まれることがわかりました。

バイオテクノロジーの進歩が大量生産を可能に

スイスのバイオテクノロジー企業が植物から幹細胞だけを取り出して、培養槽の中で人工培養して細胞を増やす画期的な技術を開発しました。これにより、希少なウトビラー・スパトラウバーから少量の幹細胞を採取、培養して原料化に成功、大量生産されて安価で化粧品に使えるようになりました。

抗酸化効果からあらゆるパーソナルケア製品に利用

活性酸素が細胞の老化を早めることが解明されて以来、抗酸化成分のエイジングケア効果に注目が集まりました。リンゴ果実培養細胞エキスも海外の化粧品開発メーカーを中心に商品化がすすみ、現在多くのメーカーから化粧水、乳液、クリームなどの基礎化粧品からパックやアイクリームといったスペシャルケアが発売されています。また皮膚幹細胞への働きかけを利用して、育毛製品などにも利用され始めています。

Pagetop